既製品の認印を実印に使っている人は危険です!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


動画はインタビュー形式で認印とは 実印との違い 認印を実印にする危険性の3つのシーンで構成されています

100均やホームセンターなどで売っている激安認印があります。

知り合いがその認印を実印登録していると聞いてびっくりしました。
実は既製品の認印には、こんな危険性が潜んでいます。

●コンピューター書体そのままなので簡単に偽造が出来る 。
●海外での完全機械生産なのでまったく同じ形の印面が存在する。
●材料の品質管理が徹底されていないため耐久性に保証が無い。

上記の事により、いざ使おうと思ったときに欠けていたり
身に覚えの無い高額な請求が来たり、
いつの間にか知らない人の保証人になっていたりする危険性があるのです。

実印とは人の人生を左右してしまうほどの効力がある大切な印鑑です。

その自分の分身ともいうべき実印を海外の工場で大量生産されている既製品ですませることは
何処に行っても貴方と同じ実印が手に入る可能性があるということなのです。

実印の印材のページに戻る。